「九代目の憂鬱」の記事一覧

九代目の憂鬱 第八回

九代目の憂鬱

約1年ぶりに九代目の憂鬱更新します。右のカテゴリーの九代目の憂鬱を クリックして頂くと、第一回から読めますのでよろしくお願いします。   高校1年生の時に、モリカワは人員が足りるようになったので、 私の家業手伝・・・

微妙な関係(九代目の憂鬱 第7回)

九代目の憂鬱

私と彼が最初に出会ったのは、 私が高一の頃、彼が弊社に 入社した時でした。 彼の最初の印象は坊主頭 次の印象は、社長に怒られ続けてる姿です。 怒られ方もハンパではなかった… (社長もその分、期待してたんだと思います) し・・・

九代目の憂鬱 第6回

九代目の憂鬱

中学校に入ると私の家業手伝い、 本格的参入が始まりました。 当時の世間はバブル絶頂期で、 我が社も少し景気が良かったみたいです。 と同時に完全な人手不足でした。 思い返すと良く手伝いました。 土曜の昼から・春休み・夏休み・・・

九代目の憂鬱 第5回

九代目の憂鬱

小学校に入ると自分が自営業(燃料屋)の 息子であるいうのは自覚してたと思います。 自宅は会社ではなくなり他に住むようになりました。 この子が『将来の社長ですよ!』 みたいな感じで、よく紹介されてました。 でも本人は、はぁ・・・

九代目の憂鬱 第4回

九代目の憂鬱

小さい頃会社に住んでた訳だから、 当然、父親の働く姿を見てました。 子供には働く父の姿はカッコよく見える! と世間一般では言います。 しかし私は(父には失礼だけど…) 一度も!そんな風に思ったことはなく 仕事中の父は怖い・・・

九代目の憂鬱 第3回

九代目の憂鬱

私は小さい頃、6歳まで会社(写真右の建物)に 住んでおりました。 当然ながら遊び場も会社ということになります。 従業員の方には、よく遊んでもらった記憶があります。 燃料商売というのは基本的に年中無休なので、 いつも騒がし・・・

九代目の憂鬱 第2回

九代目の憂鬱

家業をしている家に生まれた 長男のほとんどは 『継ぎたくない』と 一度は思うのではないでしょうか!? 私の場合はもっと極端で、 継ぐ訳はないとまで思ってました。 未だに自分自身ハッキリ言って、 なぜ継ぐ訳はないと思ってい・・・

新連載!九代目の憂鬱

九代目の憂鬱

私が有限会社モリカワに 帰ってきてから ちょうど一年が経ちました! それを記念致しまして、今回からシリーズで 家業を継ぐまでに(正確にはまだやけど…) 至った経緯を九代目の憂鬱として 連載で紹介していきます~ 私は小さい・・・

ページの先頭へ

買い物カゴを見る